フォト
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年6月20日 (日)

終了

004_2 006

005 合同展示会が終了致しました。

梅雨空rainお足元の悪い中、お越しいただきありがとうございました。

私は土曜日に1日展示場で楽しませていただきました。お子様からお年寄りまで幅広い年齢層でした。無料体験コーナーでは「押し花コースター」を行い、皆さん楽しんで帰られました。

1日あっという間だったな♪

で、今日は最終日。なのに、朝から町内の「ソフトバレー大会」がありまして、毎年参加させていただいているので断われなかったsweat01一回戦負けでさっさと終わらせて会場に向かう予定でしたが・・・まさかの1勝dashそしてすごいダメージ(><)足腰ガクガク。。。ブッツケ本番でしたからpaperやっとこ家にたどり着いてバタンキューdownすぐに向かう元気がありませんでした。ごめんなさい。。と、言うことで、最終日は撤収の時間に間に合い「ご苦労さま~」で終了致しました。私は、小学生から高校までずっとバレーボールをやっていたので、コートの中に入ると、血が騒ぐっていうのでしょうか。。負けず嫌いで。。頑張っちゃう。しかし体は正直ですね。足がもつれて素早い動作が鈍っていました。歳を感じた~(><)今は、全身疲労と筋肉痛・打撲に腰痛。運動不足ですね。無理は禁物paper反省・・・・

合同展示会では、職場関係・友人と、忙しい中観に来てくださって本当に嬉しかったです。自己満足の世界ですが、また頑張ろう!って元気になりました。ありがとうございました。

インストラクターの皆さん、生徒さん、企画から設営搬入・受付け会場案内と忙しい日々でしたね。お疲れ様でした。

また次回も頑張りましょう!

2010年6月17日 (木)

搬入日

合同展示会の搬入日でした。

風景画、アレンジ、ブーケ、いろいろな額をまとめるのはとても大変でした。

ロビーの他に、会議室を借りて小さな額がズラリ☆立体乾燥花のレカンフラワーも展示してあります。明日、藤枝の生涯学習センターでAM9時~20日(日)のPM4時まで展示しております。

お待ちしております。

Photo

2010年6月 9日 (水)

合同作品展

001_2 約50名の合同作品展を開催致します。

春になったら、いっぱい押し花作るぞ~~!なんて思っていた冬。

ずっと涼しくて、春が来ないで6月に入った感じ。。

いつもなら、外に出て庭の手入れやプランターにお花を植えたり~ポカポカな春だけど今年はなにもやる気が出ませんでした。

いつの間にか草は大きく成長していて(><)梅雨に入ったらまた大きくなる。いたちごっこsweat01 見て見ぬふりをしているこの頃です。。。

作品展では、飾るスペースが限られている為、一人2点。レカンフラワーも展示しますよ。

押し花額は、ベルdogの額を出します。題名「虹の橋」

今週、もう一つ作ります!(宣言しないとやらないから)

皆さんの押し花額を観るのが楽しみです♪

来週は、搬入・当番・搬出と忙しい週になりそう~

お時間がありましたら観に来て下さいね。お待ちしております。

2010年6月 5日 (土)

ありがとう

    Photo_5 5月5日午前10時10分 

14年間一緒に暮らしてきた愛犬ベルが永眠しました。

最近ようやく、ベルのいない毎日に慣れてきたところです。

ベルは、2年程前に、皮膚病になった以外は大きな病気もしないで、いつも元気で過ごしていました。今年の元旦(誕生日)も歳のわりに元気だよね~って笑ったばかり。14歳・・・人間の歳で言えば72歳。食欲もあるし、まぁよく吠える(><)散歩も大好き。いつになったらおとなしくなるのかね~なんて1カ月前。本当に元気でした。

何が原因かわかりません。急に足腰が弱くなってきたな~って思っていたら、なんだか目も濁ってきて見えにくいような・・耳も聞こえていないような・・・1週間でこんなに進むの?なんか元気もないし変な咳もする。心配。。と思って病院に行ったのは5月1日。体重は変わりないし、食欲もあるなら様子を見ましょうって。でも心配なので土曜日に検査しましょう。ってことになりました。ゴールデンウィークに突入して4日の夜。座るとどこかが痛むのか、ずっと立ちっぱなしで寝ている様子。クラクラ倒れそうになりながら・・・夜中、気になって様子を見たり摩ったり声をかけたりしていました。

5月5日朝。フラフラしていて目やにも出ていました。寝れなかったようでした。食欲もなくて、それでもチーズは食べました。犬用のヨーグルトをペロペロしました。でも、土曜日までは何日かあります。検査してもらおう!ってことになり、娘はベルを抱っこして旦那の運転。病院へ向かいました。

主治医がいない。でも院長先生がいらっしゃるとのことで検査に入りました。診察台にベルをのせて。。。何か訴えている。ベルがずっと私を見ていました。私は涙が止まらなくなって診察室から出てしまいました。待合室で号泣。なんでだろう・・・先生に診てもらえば悪いところがわかって元気になるじゃん!なのに・・ベルが何か言ってる。そう感じたのは私だけでした。

検査に入りますのでお待ちください。と言われてそう時間は経ちませんでした。「ご家族を呼んで!心臓マッサージ!」なんて奥から聞こえて。。。嘘でしょ?今さっきベル生きていたよ。診察台に立っていたよ。バタバタしている治療室で、ただ茫然と立ちすくんでいました。

何が起きたのかまったくわかりませんでした。

「ベル!起きて!!ベル」

何度叫んだか・・・・

帰りは、棺に納められた亡骸を娘が抱いて帰ってきました。

「ベルを返して」

もう帰ってはきません。

2日後、病院からベルにお花が届きました。涙が止まらなかった。。。

いろいろお世話にになったからね。ベルは老衰。寿命だったんだよ。

ありがとうございました。

ベルがいたから、いろんな出会いがありました。いろんな所に出掛けることができました。賑やかで楽しかった!ベルも、私達も幸せでした。

亡くなる直前、ベルと話ができました。

「ありがとう」伝わりました。

ずっと忘れないよ。こちらこそありがとう。

もう泣かない!

今日、押し花額を作って決めました。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年10月 »