フォト
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月25日 (月)

サンタさん

メリークリスマス

こんばんは~ベルサンタです♪

似合う?

さっきね、トナカイケンカしちゃった(><)

なので、一人でプレゼント配りに行ってきます。。。。。

えっ?まだ早い?夜中?一緒に行って☆

涙目のベルサンタでした

そして、小学2年生の娘は、サンタさんに書いた手紙をくんくんかいで「サンタさんの息の匂いと汗の匂いがする!この手紙見てくれたよ!折り方が変わっていた!」って。それって、加齢臭とは違うよね?なんて(笑)夢を壊してはいけません。一緒になって喜んだ夜でした(秘)

2006年12月24日 (日)

クリスマスイブ

リース作りました。

サンタさんも入れて♪

今日はクリスマスイブですね~☆

この前、「犬のクリスマスケーキ・おせち料理」って聞いて、ビックリしちゃった(><)

すごいな~ここまできたかっ

今に、犬のエステ・整形手術~ボクは鼻をちょっと高く、私は豊胸~なんて(笑)ないか。。

さぁてとっ クリスマスイブだから☆ケーキでも作りましょうか~

あらやだオーブンがなかった(><)

2006年12月21日 (木)

山口生活美術展

久しぶりに会った作品。

山口県下関から無事帰ってきました。

「山口生活展」の押し花部門で入選した作品です。

下関・・・と言えば 源平 壇之浦合戦の地。 源 義経・平 知盛。凄まじい戦い・・・ 日本の歴史を刻む舞台となった地ですね。

そして、「ふぐ」! 有名ですよね~ 

今回はそんな「ふぐ」を入れて、下関を表現してみました。戦いの後、白々と夜が明けた海にふぐが泳いでいる、その場所だけがパッと明るく光っている。夢が覚めた朝のような。。題は「Dream World 下関」です

お帰り~ということでアップしました。。。

2006年12月20日 (水)

15周年のつづき④

まだつづくの?って言わないで下さいね☆

最後ですよ♪

心に残った言葉がありました。

假屋崎省吾さんのトークの中で、「かきくけこ」を実践しましょうと、

か・・・「感動」 すべてに感動、生きている喜びを感じよう。

き・・・「感謝」 常に感謝の気持ちを忘れずに。

く・・・「くつろぐ」 心おだやかに落ち着いて。

け・・・「健康」 健康第一。

こ・・・「好奇心」 自分磨きをしましょう☆

自分が今思っていることそのままの「かきくけこ」で・・・すっごく同感~☆

全国、北は北海道・南は九州。200人近く集まったイベントが終了。行って良かった!感謝感動の充実した一日でした。「かきくけこ」を忘れずに☆もっともっと視野を広げていきたいと思いました。

そしてその夜、

159東京タワー

ライトアップされてすごくキレイでした。天気も良かったし、まんまるお月様と2ショットです☆

何年ぶりかな~?

小学生の修学旅行以来ですから・・・(笑)

タワーから見る夜景~最高でした!右も左もカップルばっかり(><)エレベーターの中で「チュッ」夜の東京タワーは恋人同士で行く所ですね!ニヤニヤ不気味な笑顔をしてしまいました。

楽しい一日でした♪

PS。。。しか~し、あのスイーツ・・・しっかり食べておけばよかったな(><)

おしまい☆

2006年12月19日 (火)

15周年のつづき③

←ちょっとボケてますが(><)

じゃじゃ~ん☆假屋崎省吾さんです!

華道家。「假屋崎省吾花教室」主宰。美輪明宏氏より、「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。クリントン前米大統領来日時や、天皇陛下御在位10年記念式典の花の総合プロデューサーなどを務め、千住真理子氏、仲道郁代氏、森英恵氏ろともコラボネーションをするなど、その活動は内外のVIPからも高い評価を受ける。テレビ・雑誌・新聞などでも幅広く活躍中。

わたくしはね・・・平成の花咲じじいよ☆って(爆)

引っ込み思案で人とうまくコミュニケーションがとれなかったの。。。お友達は「巨人の星」なら、わたくしは うめづかずおの「蛇女」を読んでいたわ。って(><)どこか変だって、なんとなくわかってたの。

いいの!人は人。自分は自分。

と、おもしろおかしくトークをしながらのデモンストレーションでした。152_1

おおきなアレンジ。バサッバサッと大胆。。。そしたら、

花をいけるとは、ストレスを解消しているの。癒されて元気100倍!

そうですね!その通り。

わたくしもそう思いますわ。ってお姉言葉になっちゃいました(><)

15c ←愛を込めて・・・・ハートのアレンジ☆

女性より女性らしい?素敵な男性?の假屋崎省吾さんでした。

2006年12月17日 (日)

15周年のつづき②

←おいしそうでしょ~

まるっこいバラをいっぱい詰めたかわいらしいおいしそうなアレンジです。

タイトルは「山盛りキャンディー」ですって☆

トップアーティスト 大谷幸生さんの作品です。

「ブルーフラッグ アソシエーション」主宰。ユニークで個性的なデザインに定評があるフラワーデザイナー。その活動は花のみならず、クラフト・料理・写真など多方面にわたる。近年ではハワイをはじめ、タイ、インドなどアジア諸国にも活動の幅を広げている。

おいしそうな花が好きって言ってました。15e

ケーキみたいでしょ~→大谷さん作

食べたくなってしまいました(><)

最近~ストロベリーパフェ・ホワイトキャンディー・ホットチョコレートなんていう名前のバラがあります。名前を聞いただけでおいしそう~って思いますね。

デモンストレーションとトークが終わると、会場移動~

スイーツビュッフェのティーパーティがありました。156

←いろいろありました~~

テーブルには、素敵なアレンジ☆私ね、アレンジを見ながらデジカメカシャカシャやってたの。

そしてふり向いたらすごい行列!ほとんどが終了~(><)あ~~花は後にして先に並んでいれば・・・今、画像を見ながら、あれも食べたいこれも食べたい。。あ~食べておけばよかった(><)って後悔してる。。

花よりだんご。。。。。

そして、大谷さんのまわりにはセレブな女性が大勢~モテモテでした☆

やっぱり花より○○○。。。。ですね!

楽しい時間を過ごしました。

2006年12月15日 (金)

15周年のつづき①

花時間」では、個性あふれるフラワーアーティストの皆さんがいろんなアレンジを紹介してくれます。

第1部は、その中のトップアーティスト3人がバラをテーマに「ギフト花束」の競演~

大久保有加さん・・・華道家。「花楽」主宰。空間を生かしたダイナミックな作品のほか、日常の器を用いた可憐な作品など、さまざまなシーンに応じた表現力豊かな和の花作品で、多くのファンをもつ。雑誌やイベントなどその活動は幅広い。

158_002

男性に贈る花束・・・3つのブーケを作って一つにラッピングしてあります。

男性が花束をもらうってあるのかな?う~~ん、あっ!そういえば、父の還暦祝いって花束をもらっていたな・・・ちょっと照れくさそうに微笑んでいたのを思い出しました。女性ばかりでなく、男性も喜ぶ花束。花を頂いて嬉しく思わない人はいませんね。そして、3つのブーケを1つにしたアイデア・・・3人の男性にそれぞれプレゼントするってシチュエーション。大胆豪華にラッピングした大きな花束を贈る。そしてその場で開いてプレゼントする。何が始まるんだろう・・と、ワクワクする気持ち。贈るまでの演出を大切にして、その時間・空間を思い出深く。。。そんな花束が出来上がりました。

花のプレゼントって、キレイ~って思うプラス、楽しくあり・サプライズありっていいね!

その人を想い作る・そしていろいろ考える。贈るまでの時間~その段階が大切なのね。

よしっ!このアイデアもらいっ☆収穫ありのアレンジでした♪

つづく・・・

2006年12月10日 (日)

創刊15周年

師走に入りました。最近とても寒い日が続き。。そうそうウイルス性の風邪、流行っていますね~(><)外に出たら、手洗い・うがいしっかりやりましょう~

知り合いのおばさんが交通事故で入院。。12月は思いがけない事故に遭いやすいです。気をつけましょう~

みんな元気でお正月を迎えたいですからね!

さぁ~寒い部屋から移動して暖房の部屋☆快適~またまた久しぶりにアップです♪

先日、月刊誌「花時間」の創刊15周年記念イベントに出席することができまして☆東京まで行ってきました。151

トップアーティストと過ごすバラの時間

3人のアーティストのデモンストレーションとトークがあり、バラの魅力を存分に引き出したアレンジを披露。第2部では

假屋崎省吾さんによるデモンストレーション」今一番美しいバラたちをふんだんに使ったアレンジ。楽しいトークがありました。

そしてアーティストを囲むスイーツビュッフェのティーパーティ

充実した一日でした。

花時間」この雑誌は私が花の世界に入るきっかけとなったと言っても過言ではありません。1ページ1ページ開くのが楽しくてワクワクする。毎月7日は迷わず購入して一通り読み一緒に寝る。そして枕元にはいつも置いてある。。そんな存在です。

花っていいよね~って言ったり・・・私もこんな仕事できたらな~なんて独り言・・夢の世界に入る・・・とにかく大好きな雑誌である。

花時間」・・・花とともに過ごす時間、自分自身が「」になる時間、せかせかした人間時間ではなく、ゆったりとした花が刻む時間。。。と、いろいろな意味が含まれているそうです。

そうそう、せかせかした時間に追われた生活から、少しでも癒されたいって気持ち。。この「花時」を開くと、どこか優雅な気分になって幸せになる、気持ちが落ち着くのは私だけでしょうか?

つづく。。。。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »